コロナウィルスのコロコロくんと会話してみました

トイレットペーパーがない?!

今朝、夫の父から電話がきました。

「トイレットペーパーがどこにも売ってないのだけど、そちらにはあるか?あったら買って送ってほしい」

聞けば、ストックは10ケースもあって

老夫婦2人で使うには1年分くらいはあるそうで。笑

なんだかんだ、と会話をしてから

「大丈夫ですよ。トイレットペーパーなくならないから。

コロナも自分の免疫力高めていれば大丈夫ですから」

と言って、

あちらも「そうだね」と納得して笑い合って電話をきりました。

 

私はSNSの投稿を見て、

へぇー、トイレットペーパー買いに走る人がいるんだー

と思っていたら、

自分の周りにもいた、笑、という。

そんな出来事があった今朝。

 

不安に感じる人たちも多いのだなぁ。

ということで

コロコロ君に

リーディングしてみました。

 

意外な素顔のコロコロ君

私
コロコロくん
目立つの好きですよね?

コロコロくんは自己顕示欲が強いんですね

別にそんなに好きじゃない。
ひっそり身を隠していたかった。
コロコロくん
コロコロくん
私
そうなんだ。
でもじゅうぶん目立ってますよ〜。

じゃあ、何でそんなに目立ってしまったの?

わかってほしかったのかもね。

小さなものは大きいということ

僕たちみたいにちっぽけなものも大きな力を持つってこと。

人間の多くも自分のことを小さな存在だと思っているけど、そうじゃない。大きな力を持っているんだ。

あと、今までとは違うものの見方とか

気付いて欲しいんだ。

コロコロくん
コロコロくん

私
人間を困らせようと思っている訳ではないのですね
僕たちを利用して
人間を支配したがっている者もいるけど、
僕たちの本質は人間の役に立ちたいんだ。
闇の役割を引き受けたけれどね。

でもそれは、人間が好きだから。
役に立ちたいんだ。

コロコロくん
コロコロくん

私
え?!
そうなんですね
どうやって人の役に立つの?
僕たちを受け入れないと決めた人たちのエネルギーには入りこめないんだよ
コロコロくん
コロコロくん

恐怖に支配されたい?
この地球に何をしにきたのか、
気付く時がきたよ。

コロコロくん
コロコロくん

私
なるほど。
そういうことなんだね
私たちが自分自身の力に気付く。
そしてなりたい自分になるための後押しをしてくれているんだね。
悪役まで引き受けてくれて本当にありがとう。
でも、できたらもう少しおとなしくしてね
それは、僕たちじゃない。
君たちが決めることだよ。
コロコロくん
コロコロくん
君たちの集合意識が僕たちを必要としない時がきたら、喜んで消えていくよ。
そうなることが本望さ。
コロコロくん
コロコロくん

 

ありがとう

コロコロ君

かっこいいよ

コロコロ君

目立ちたがり屋とか言ってちょっとバカにしてごめんね。

 

私も私の力を信じて喜びあふれる世界をみんなと生きて行くよ。

 

今日もフルーティーに生きよう!

 

お問い合わせ

体験セッションのお申し込み
イベント体験会のお申し込み
その他お問い合わせはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です