私が喘息を手放した方法

自然からのエネルギー

私には持病があったりアレルギー体質の子どもがいるのですが、

私自身は大きな怪我や病気をしたことがなく、半世紀以上を過ごしてきました。

 

体に何か症状が出ると「薬いらずの治療法」

という本をパラパラとめくって、なんとなく合いそうな方法を試してみる

ことで治してきました。

薬いらずの治療法

かなり年季が入ってます。笑

昭和48年発刊。今ではあまり開くことはなくなりましたが。

(そうね…ほとんど見ることがないのだから断捨離のタイミングかも。と今書きながら思いました)

 

この本のおかげで植物の力や自分自身の自己治癒力を利用して体を癒す、というスタンスが私の中にありました。

 

そんな私ですが、今まで3回、約10年サイクルでインフルエンザにかかったことがあります。

 

生まれて初めてインフルエンザにかかったのは、30歳の時。

それから10年後の40歳の時と

さらに9年後の49歳の時にもインフルエンザにかかりました。

 

今思えば、自分の意識の中に

「あぁ私も30歳なんだ」

「もう40代かぁ」

「もうすぐ50歳だなぁ」

という思いがあって、

それが無意識のうちに体に現れていたのだと思います。

みなさんは〇十歳になったら体が変わるとか、年をとる、っていう思い込みに引っかからないでくださいね。

 

今では「年齢は数字。数字は宇宙からのエネルギー」と思っていますが

当時は違う思い込みが入っていたのでしょうね。

 

49歳の時にインフルエンザの後、咳が治らず夜眠れない日々が続き、咳喘息と診断されました。

お医者さんからステロイドを処方され、

毎日吸引するように、勝手にやめないように、といわれました。

 

そこで私は決めました。

 

喘息をやめる。

 

まずは症状を引き寄せている周波数をかえる。

喘息に意識を向けない。

気分良く過ごす。

体の外に出したいものがあって咳が出るのだから

外に出したい感情や気持ちはどんどん出す。

サイプレスの精油を活用する。

森に行く。

サイプレス

 

そのうち自然と咳は消えました。

 

これは私にとって必要な体験でした。

 

この喘息を治した方法は私にとっては最適でしたが、

どんな方法が最適かは人それぞれです。

 

みなさんも手放したい症状があったら

〇〇やめよ〜って、決めてみてください。

執着しないであくまで軽くね。

 

すると最適な方法が宇宙から届きます。

 

意識の力は私たちが思っている以上に強力です。

 

今日もフルーティーに生きよう!

 

 

 

お問い合わせ

体験セッションのお申し込み
イベント体験会のお申し込み
その他お問い合わせはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です