レムリアの鍵を開く〜屋久島

初めての屋久島行きを決めたあと

レムリアのエネルギーとつながってリーディングする機会がありました。

 

そのときに、日本でレムリアとの繋がりの深い場所を見ていくと、

真っ先に浮かんできたのが

宮古島。

宮古島 フルーティーに生きよう

 

宮古島に咲き誇るレムリアンローズは

淡いピンクにやわらかなベージュが混ざったようなニュアンスカラーの花びら。

ふんわりと開いて

なんとも優しく美しい。

 

それは数日前にアメリカ山公園で目に留まったバラと同じ色。

「あぁ、あれはレムリアンローズだったんだ。」と嬉しくなりました。

 

 

そして、次にでてきたのが

屋久島。

 

ん?屋久島?

と一瞬思ったけれど、

どうやら屋久島もレムリアと繋がりがあるみたい。

 

屋久島のレムリアンローズは深紅のバラ。

硬くて重たいつぼみでした。

 

そのつぼみを満開まで咲かせていくと、

白く透明なクリスタルのようなバラになって

重さがすっかり取れました。

 

 

そして、

00000000000000000…

ゼロがたくさん!

薔薇の中にも、私の体の中や周りも0だらけで

身体は すかすかな半透明状態。

「これなんですか?どんな意味ですか?」

と聞き返してみると

 

ゼロポイントフィールドはどこにでもある

ということを伝えてくれました。

本来はどこにでもあるゼロポイントフィールド。

それが地球上のパワースポットと呼ばれるような場所に固定?封印?されて、屋久島もそのうちの一つだった。

ということらしい。

 

そして、固いつぼみが開いて軽やか〜

になると、

よみがえってきた記憶

 

白いシルクと思われるけど、
今のシルクより光沢のない布でできた衣裳を着て
レムリアの大地にバラを並べている私。

それは長い年月の後に

アンダラレムリアンクリスタルとなって

必要な時に発掘されることとなる。

 

そこで、ハッとなった。

目の前にある透明のアンダラクリスタル。

それが目に飛び込んできた!

 

いつもPCの前においてある

透明のアンダラ。これがその花びらだったんだ!

 

地球時間で何万年?の時を経て

また私の手元にやってきていたレムリアンローズの花びら。

涙が出てきた。

アンダラレムリアンクリスタル

 

 

そんなことで、

アンダラちゃんを連れて

縄文杉を見に行こうと決めた。

 

 屋久島二日目は縄文杉に会いに行くんだ。

お申し込み&お問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ
※土日を除く2日以内に返信させていただきます。
fruity.life77@gmail.comの受信設定をお願いいたします。