ボンビー新婚生活からのスタート

私は結婚当初お金がありませんでした。

長野と神奈川の中距離恋愛を経て結婚。
夫の住む長野県へ引っ越ししました。

有り難いことに土地はあったので、ローンを組んで建物だけ建ててそこで生活を始めました。

私たち夫婦は同じ年。2人とも20代半ばでお金はなかったのですが、なんとかなる、とワクワクで新生活を始めたのでした。
私は仕事を探すつもりでいたのですが、すぐに息子がお腹にきてくれて、そのまま専業主婦になりました。

20代半ばの夫のお給料からローンや光熱費などを差し引いて、残りを日数で割ると
なんと、1日800円。。。
800円で3人、三食分をなんとかしなくてはいけない日々。
紙おむつを買うお金も無いし、スーパーのはしごは当たり前。
曜日ごとに安い店を幼い息子と歩いて買い回る。
なんてことをやっていました。笑

それでも悲壮感は全くなくて、「1日800円生活だからね〜笑」と笑って話してました。
それはね、この生活は今だけ。今はこの生活を楽しんでる。もうすぐお金がまわってくる。という根拠のない自信があったのです。
もうそうなることが当たり前、みたいな感覚。
何の疑いもなくそう思っていると、それは現実になるんです。

1日800円生活が2年経ったころ
「もう、この生活も十分味わったなぁ。
そろそろ次に行こう」
と思ったころ、第二子の娘がお腹に。
そして、夫の転勤で東京の日野市へ引っ越すことになりました。

家は人に貸して、しかも毎月のローン返済額より多い家賃で借り手がつきました。日野では会社の補助で賃貸マンション住まい。会社からの手当などで一気に生活が楽になったのでした。

お問い合わせ

体験セッションのお申し込み
イベント体験会のお申し込み
その他お問い合わせはこちらからどうぞ
※通常翌日に返信させていただきます。
fruity.life77@gmail.comの受信設定をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です