映画「みとりし」

今朝は爽やかな風で気持ちよく目が覚めました。
もうすぐ秋ですね〜

今日は なかのZERO本館へ。映画『みとりし』女性限定試写会に行ってきました。

この映画を知ったのは今年の2月に逗子でガイアシンフォニー2番を観たとき。トークショーで俳優の榎木孝明さんがこの秋公開になる映画「みとりし」についてちょこっとお話しされたのでした。その時に初めて知った 看取り士という職業。そういうお仕事もあるんだなぁと知ったその翌日友人に誘われて参加したワークショップに実際の看取り士さんがきていました。これは映画「みとりし」観るしかない。
そう思ってから数ヶ月。試写会に当選!して今日観に行ってきました。

まず、中野駅に行ったのがすごい久しぶり。
会場の なかのZERO に向かう途中にはこんな守護神や

 

ペガサスや

 

プロメテウス

が道々に♡テンションあがりました。

そして、映画はですね。
泣きました。
私、最近は人が命輝かせているシーンで泣くことはあっても、人が亡くなるシーンで泣くことはないだろうって思っていたのだけど、泣きましたね。
涙は波動のジャンプ、って誰かが言ってましたが、何かジャンプしたんですね。

主演の榎木孝明さん。この方は宇宙のことを理解されているのだろうなぁ、と思うのだけど、立ち居振る舞いや声のトーンにそれが現れていて素敵でした。お花をよけて建物の中に入るシーン、そんな何気ないシーンの身のこなしにきゅんときたりしました。

映画が終わって帰り道、中学生くらいの女の子が1人ニコニコ顔でペガサスの写真を撮っていて。その姿がとても可愛くて、ハイタッチしたくなりました。しませんでしたが。いや、心の中でハイタッチしました。うふふ。
若い子っていいなぁ!

今日もフルーティに生きよう!!!

お問い合わせ

体験セッションのお申し込み
イベント体験会のお申し込み
その他お問い合わせはこちらからどうぞ
※通常翌日に返信させていただきます。
fruity.life77@gmail.comの受信設定をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です